カードローン会社の審査で重視されるポイント

返済能力の審査

カードローンの申込においては返済能力と信用力の二つが重要で、厳しく審査されます。
これは専業主婦だろうが独身だろうが変わりません。

 

個人に返すだけの資力があるか。資力を稼ぐことができるか。これが返済能力の審査です。
専業主婦がカードローンを申し込む場合、ほとんどの金融機関や消費者金融は旦那の収入証明書と同意書を求めます。
専業主婦に収入はありませんが、旦那に定期収入があり契約に同意している場合は返済能力があるとみなすわけです。
ただし、旦那が他社から借入をしている場合は審査の段階ではねられることがあります。

 

しかし、銀行カードローンの場合は総量規制対象外のため、配偶者に安定した収入があれば、自分が年収のない専業主婦という状況だったとしても融資を受けられるのが特徴です。
契約手続きをするのに必要な書類は、運転免許証などの本人確認書類のみで出来るのもメリット。
原則として配偶者の収入証明書の提出を求められることはなく、勤務先に審査の連絡や確認がいくこともないので安心です。

 

信用力の審査

申し込み者を人間的に信頼できるか。これが信用力の審査です。
過去に返済を延滞したことがないか、金融機関とトラブルを起こしたことがないかをチェックし、申し込み者を信用できるかどうかを判断します。
実は、専業主婦が審査ではねられる理由が信用能力だったりするのです。

 

奨学金を利用している場合、利息は一般的に低く、中には無利息というものもあります。利息が低いから他のローンを先に返済しようとして延滞してしまう。
これは信用力評価においてマイナスです。
また、スマートフォンを購入する際に分割払いで購入し月々の通話料と合算で払っていた。
それなのにうっかり口座にお金を入れ忘れて引き落としができなかった場合、返済が遅れたと見られます。
他所から借入なんてしていないのに審査で落とされてしまった!
そんな専業主婦の方は奨学金とスマートフォンの料金が理由だったりしますので、常日頃から注意しておいてください。

 

さらに、電話での本人確認である「在籍確認」の対応をする際に回答する内容と申込み時の内容が違う場合、信頼性を大きく失うこととなります。
インターネットやテレビ窓口などで申込をするときは、入力間違いがないように注意することも大切です。

 

債務整理による借り換えであれば、希望する借入額をもとに、事前に返済額シュミレーションをしておくこともポイントです。


このページの先頭へ戻る