返済額を減らすにはどうすればいいの?

返済額は高い方がいい?低い方がいい?

ローンには使用目的を限定する目的別ローンと、用途を限定しない無目的ローンの二つが存在します。
住宅ローンやマイカーローンが前者に該当するのに対し、カードローンは後者に該当します。
また、無目的ローンには、担保の有る無しで有担保ローンと無担保ローンに分けられます。
有担保ローンは、ローンを組むにあたり「保証人を決めてください」「不動産に担保をつけます」と言われる形態。
無担保ローンは、要はお金を借りる形を一切用意せずに借り入れできるタイプです。
カードローンは無担保ローンに該当します。
一見、色々なローン種類の中でもお手軽そうに見えます。
確かにお手軽ですし使い道も広いですが、全てのローン種別の中で無担保ローンに属するローン契約は最も金利が高いことを覚えておいてください。
いざという時の担保もなく使い道が自由。だから利息が高い。こんな理屈です。
利息を多く払わないためにも借入残高をさっさと減らしてしまいましょう。

 

カードローンの返済は、毎月指定した額が指定口座から引き落としされる形で行われます。
ですが、月々の返済額は少ないより多い方が良いです。どんどん繰り上げ返済を行うべきです。
利息の面では20万円の借入を月々1万円ずつで返済するよりも2万円ずつ返済する方が最終的に支払う利息が少なくなります。
2万円より5万円。
5万円より10万円です。
利息は借入残高を元に計算されますので、元金を減らせば減らすほど計算のもとになる金額は少なくなります。
また、利息は期限日より早く返済した場合は日割り計算が行われるので、一日でも早く返した方がその分得になるという理屈です。
一番利息がお得になる返済方法は借りたら翌日すぐに一括返済ですが、そう上手くはいきませんよね。
月々の引き落とし額は決まっていても、ちょっと多目に返済資金を予定して確保し、その分を元金に充当してもらいましょう。
引き落とし額が月1万円なら、二倍の2万円を手元に確保するというように。
あなたの頑張り次第で支払わなければならなかった無担保ローンの高い金利を手元に残すことが可能です。
繰り上げ返済を賢くお使いください。

 

 

返済額の決定方法

銀行カードローンの月々の返済額は、各金融機関の請求確定日時点の利用状況から決定します。
そして、新規で申し込み手続きをした場合、残高スライドリボルビング方式の返済方式となっている金融機関がほとんどです。
登録した普通預金口座から、随時自動引き落としされます。

 

また提携金融機関・提携ATMやインターネットバンキング・モバイルバンキングからの支払いを選択することも可能です。
スマートフォンなどからのインターネット利用で入金するときも、画面の手順に沿って情報を入力するだけなので簡単。
もちろん、希望すれば途中で口座振替に変更することもできます。
お金に余裕ができた場合、まとまった金額を返済することもできるので、事前に返済シミュレーションをすることをおすすめします。


このページの先頭へ戻る