在籍確認とは?

ローンの申込時に申告した内容に虚偽がないか確認することです。
収入源となっている勤務先に本当に勤務しているのか、休職中ではないか、退職してはいないか、融資をおこなう業者が電話をかけて確認を行う作業のことです。
勤めしているか否かの確認ですので、会社で席をはずしている間に「今は会議中です」と電話にでた第三者の応対で終わってしまうこと
もありますが、本人に生年月日・住所を確認されることもあるようです。
電話連絡は銀行名か会社名なしの個人名でかかってきます。
社名を偽って電話することは法律で禁止されていますので、取引先名で電話してくださいと依頼してもそれを受けてはもらえません。 
最新の給与明細・健康保険証を提出することで、電話連絡が免除としているローン会社もあります。

在籍確認のタイミング

申込後に行われる審査の段階で在籍確認は実施されます。
在籍確認がきちんとおこなわれない場合、審査にとおらない可能性もあります。

専業主婦のカードローンの場合の在籍確認

銀行で収入証明書類不要の範囲内で専業主婦の方がカードローンの申し込みをした場合も在籍確認はあります。
その時に確認を受けるのは申込者本人ですので、自宅の固定電話もしくは携帯電話に在籍確認を受けることになります。
家族の勤め先への在籍確認の電話は原則、ありません。
パート収入などがあり、銀行以外でカードローンを受ける時には、電話連絡が免除になるプロミス・モビットを利用して必要な提出書類を用意すれば、電話連絡なしで借り入れすることが可能です。 

専業主婦の在籍確認はなぜするの?

本人確認の意味もあります。
申込が本人からされたかどうかを確認します。
架空の人物からの申込や、他人のなりすましを防ぐ目的があります。

専業主婦の在籍確認のポイント

勤務先でなく専業主婦むけの在籍確認であっても、銀行名もしくは個人名でかけてくれます。
携帯電話におねがいすることもできますし、自宅にかけてもらう場合でも家族が電話を受けてカードローンの申込がバレることはありません。
銀行によっては口座があれば、口座開設時に本人確認をすませているので再度電話確認をしない銀行もあります。

在籍確認の不安は相談できる

銀行カードローンの在籍確認は、公に在籍確認はしないと断言しません。
実際に借りてみた人が在籍確認はなかったということもありますし、気づかなかっただけの場合もあります。
在籍確認自体は電話がかかってくるだけなので、不安に思う必要もなく、あると思っておきましょう。

 

どうしても在籍確認が不安な場合、銀行カードローン側に相談することもできます。
必ず希望通りになるとは限りませんが、銀行側も対応してくれることがあります。

 

対応してくれる可能性のある事項

  • 電話をかけてもらう性別を指定
  • 個人名をおねがいする

このページの先頭へ戻る