夫・家族に内緒で借りられるか

専業主婦でも事情があってお金を借りたいことってありますよね。
そこで、夫や家族に内緒でお金を借りられるカードローンについて紹介します。

専業主婦のキャッシング

法律では、貸金業者法の総量規制によって「個人に年収の3分の1以上の金額を貸し出してはいけない」と定められています。
しかしこれは貸金業者に適用される法律のため、銀行は対象外です。
つまり、銀行カードローンであれば、収入がない専業主婦でも融資が受けられます。

専業主婦は消費者金融で借入れできない?

消費者金融は総量規制対象のため、専業主婦の申込はできません。
申し込み先が消費者金融なのか、銀行なのか事前に確認することが大切です。

配偶者貸付

夫婦の年収を合算した1/3を借入れすることができる制度のため、専業主婦は配偶者の収入の1/3まで借り入れることができます。
(パート・アルバイトをしている主婦の場合は本人の収入も合算することができます。)

配偶者貸付で必要なもの
  • 夫の同意書
  • 夫婦関係を証明する書類
  • 夫の収入証明

夫の同意や収入証明が必要なため、内緒で借りることはできません。

配偶者貸付はメリットが少ない

銀行に比べて配偶者貸付を行っている消費者金融は少ないのが現状です。
また、内緒で借りることは不可能であり、銀行カードローンよりも高金利になっています。

専業主婦がキャッシングする際の注意点

専業主婦向け融資の限度額は30万円以下がほとんどです。
多くても50万円です。
キャッシングに申し込むと住宅ローンの審査に影響があるかを心配される方もいらっしゃいます。
基本的には夫名義で住宅ローンを組む場合は、影響はありません。
夫婦共同名義や、
妻が連帯保証人になる場合には妻のローン歴に関する情報(返済の遅延、複数の業者からの借り入れ、返済中など)が審査に影響を与えることがありますので注意しましょう。

旦那や家族にお金を借りたことが分かってしまう原因と対策

旦那や家族に内緒でカードローンを利用したいと考えていても、さまざまな原因でバレてしまうことがあります。
特に気をつけたいのは、申し込みの際に交わす契約書類の受取方法です。
自宅にカードローンに関する書類が届くと家族に知られてしまいますよね。
インターネットを通じて申し込むとWEB上で契約内容や利用明細を確認できるので書類が郵送されることはありません。
中には、高金利のローンもあります。ほんの少し借りただけで、借金が膨らんでしまい自分1人の力では返済できなくなるなんて事態はさけたいですね。
低金利であればあるほど返済額が少なくてすみます。少しでも低い金利のものを選びましょう。
ちなみに金利とは金融機関で見かける「年率○%〜○%」という数字のことです。

 

参考サイト

■【専業主婦カードローンセレクト】家族に内緒!主婦の安心銀行借入
http://xn--lcki9a1cc5sf2cwec6643f9r4a8me930d.com/
人気が高い専業主婦でも借りれるカードローン会社をチェックすることができます。
どこに申込むか迷っている方必見です。
■政策委員会 :日本銀行 Bank of Japan
http://www.boj.or.jp/about/organization/policyboard/index.htm/
日本銀行の組織について日本銀行 金融政策委員会で説明されています。
審議委員の構成について知りたい方はチェックしましょう。


このページの先頭へ戻る